wedding-bouquet-366505_1280

結婚式曲のブライダルミュージック

結婚式は人生の一大イベントです。そこで流す結婚式曲というものは、それこそ人生を左右するほどの影響を持っているといっても過言ではありません。ですから、しっかりと選ぶ必要があるのです。

私はこれまで数々の結婚式に出席しましたが、「定番」と言われる結婚式曲は必ずあり、流すタイミングや出席者の感動、涙を誘うような曲が選ばれるということです。

まずは、セリーヌ・ディオンの「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」です。映画「タイタニック」の主題歌であり、世界が最も涙し、感動した曲ではないでしょうか。実際、キャンドルサービス時にこの曲が流れると場がなんとも言えない感動的な空気に包まれていたものです。

また、両親への手紙を渡すときなどにはいきものがかりの「ありがとう」やaikoの「瞳」、青山テルマの「ママへ」などが定番です。新郎はもちろんですが、女性にとって非常に特別な意味を持つ結婚式ですから、女性ボーカリストの曲が選ばれることも多かった印象があります。

あなたがもし、これから結婚式を挙げるのならばこれらの曲を選んでみてはいかがでしょうか。

また、結婚式の歓談は仲間やご両親、新郎新婦と写真を撮ったりと、色々忙しくもあり、楽しいひとときでもあります。だからこそ、結婚式の曲はほんわかしていて、それでいて楽しくなるような曲を選びたいものです。

私がオススメするのは、「BEGIN with アホナスターズ」の「笑顔のまんま」です。そう、BIGINと明石家さんまさんのコラボレート曲としても有名になったこの曲は、楽しいという雰囲気を演出するのにピッタリな空気を醸し出してくれます。実際、知人の結婚式の歓談時にこの曲が流れているときというのは、皆が笑顔になれ、それこそ曲名のまま、皆「笑顔のまんま」でいられる素晴らしい時間を過ごすことができました。

結婚式というのは笑いあり、涙ありという人間の喜怒哀楽が最も表現される場でもあります。歓談は仲間たちとのゆったりした時間を過ごせるように、激しい曲はかけずに「和やか」をテーマにするこの曲が一番良いと感じました。

「おもてなし」と「笑顔」「ゆったり」を軸にした「笑顔のまんま」をあなたの結婚式でもぜひ!

生命保険の選び方 健康マニアによる無病ライフ 住宅リフォーム総合情報 英語上達の秘訣 貯蓄